How to Choose the Perfect Carpet for Your  Home in 2023: Comprehensive Guide to Size,  Material, Design, and Quality

2023 年にあなたの家に最適なカーペットを選ぶ方法: サイズ、素材、デザイン、品質に関する包括的なガイド

 

記事上で:

  • あなたのお部屋に合うラグのデザインはどれですか?
  • 耐久性とスタイルの点で最適な素材は何ですか?
  • すべての部屋に最適なラグのサイズを選択するにはどうすればよいですか? 
  • 高品質のカーペットの特徴は何ですか? 
  • ラグを買うのに最適な場所

あなたのお部屋に合うラグのデザインはどれですか?

エリアラグは部屋のインテリアを左右するので、適切な色とパターンを選択することが重要です。部屋の配色がすでに確立されている場合は、 同じ色を取り入れたラグを選択してください。柔らかいグレーと落ち着いた黄褐色の色合いは、明るい色の壁に完璧にマッチします。ラグが部屋に新しいアクセントカラーを加える場合は、同じ色のクッションやウォールアートなど、それにマッチするディテールを追加して部屋をまとめてみてください。 柄のあるラグは、無地の装飾の部屋に最適です

ご自宅に最適なラグを選ぶときは、家のスタイル、ラグのパターン、家の照明条件、家族のニーズなど、さまざまな要素を考慮することが重要です。

スタイル

モダンな家にお住まいの場合は、ミニマルなデザインや幾何学模様のラグを選ぶとよいでしょう。伝統的な家をお持ちの場合は、ペルシャ絨毯やオリエンタル絨毯など、伝統的な模様の絨毯を選ぶとよいでしょう。

パターン

模様のあるラグは部屋を明るくし、視覚的な面白さを加えます。ただし、部屋に柄の家具や装飾品がたくさんある場合は、空間を圧迫しないように、単色またはシンプルな柄のラグを選ぶとよいでしょう。

点灯

家に自然光がたくさん入る場合は、明るい色のラグを選ぶことができます。家に自然光がほとんど入らない場合は、空間が狭くて窮屈に感じられるのを避けるために、暗い色のラグを選択するとよいでしょう。

家族のニーズ

子供やペットがいる場合は、お手入れが簡単で汚れに強いラグを選択する必要があります。合成ラグは耐久性があり、掃除が簡単なため、交通量の多い場所に適しています。

耐久性とスタイルの点で最適な素材は何ですか?

ラグの素材を選択するときは、耐久性、スタイル、ラグの全体的な外観と感触を考慮することが重要です。

ウール

ウールは次のような多くの利点があるため、敷物として人気があります。

耐久性

ウールは天然の耐久性のある繊維であり、激しい交通や歩行にも耐えることができます。汚れや汚れにも強いので、人の出入りが多い場所にも最適です。

柔らかさ

ウールは柔らかく高級な繊維で、足あたりが快適です。また、低アレルギー性なので、アレルギーのある方に最適です。

スタイル

ウールのラグには、どんなインテリアにも合うよう、幅広い色、柄、スタイルが揃っています。どんな部屋にも優雅さと洗練さを加えてくれます。ティグミーのクレジットとリンク

手作りのウールの敷物

熟練の職人によって伝統的な技法で作られた、特に特別なタイプのウール敷物です。これらのラグは、高品質、ユニークなデザイン、耐久性で知られています。

その他のラグ素材: 

ポリプロピレン : この合成素材は、弾力性とメンテナンスの容易さで知られています。日光による色あせに強く、屋外のカーペットによく使用されます。ポリプロピレンカーペットは、手頃な価格に加えて、さまざまな色合いやデザインが提供されています。

コットン: 柔らかくて足に優しい、手頃な価格で長持ちするもう 1 つの素材はコットンです。コットンラグにはさまざまな色合いや模様があり、掃除やお手入れが簡単です。ただし、綿の敷物は長期間の使用に耐えられず、色あせしやすい場合があります。

ジュート: 空間に個性と質感を与える天然繊維はジュートです。寝室やリビングなどで活躍するしっかりとした素材です。ただし、ジュートカーペットは汚れやすいため、交通量の多い場所には適さない場合があります。

合成繊維: ナイロン、ビスコース、ポリプロピレンなど、さまざまな形や色の素材は比較的安価です。耐久性にも定評があり、価格もリーズナブルです。ただし、ウールやコットンの敷物ほど自然な感触ではないかもしれません。

あなたにとって理想的なラグ素材は、最終的にはお客様独自の要件と好みによって決まります。選択するときは、部屋の用途、交通パターン、装飾、経済的制約、個人の好みを考慮してください。

すべての部屋に最適なラグのサイズを選択するにはどうすればよいですか?

すべての部屋に最適なラグのサイズを選択するのは難しい場合がありますが、正しい決定を下すのに役立つ一般的なルールがいくつかあります。ここにいくつかのヒントがあります:

リビングルーム用の敷物:

ラグは部屋を定義し、すべての家具を収容できる十分な大きさである必要があります。 160x230 cm の中型サイズのラグ、または 300x200 の大型ラグは、ほとんどのリビング ルームに適しています。

例: 20 平方メートルのリビング ルームに 160 x 230 cm のカーペットを敷くと、全体的に調和のとれた外観が得られ、ソファ、肘掛け椅子、サイド テーブルを置くのに十分なスペースが確保されます。

寝室用のカーペット:

カーペットはベッドの下に入り、両側に60〜70センチメートル突き出るのに十分な大きさが必要です。 大きな 200 x 300 cm のラグは、居心地の良い雰囲気を作り、体をサポートする表面を提供します。立ったり横になったり。 15平方メートルの寝室に200x300cmのラグを敷くと、部屋がより広く見え、リラックスできる居心地の良い場所になります。

ダイニングエリア用の敷物

ラグは、テーブルと椅子がその上に完全に立つのに十分な大きさである必要があります。椅子を押し戻した場合でも、椅子はカーペットの上にあるはずです。少なくとも240x340cmのラグは、ほとんどのダイニングエリアに適しています。

例:20平方メートルのダイニングエリアに240x340cmのラグを敷くと、飲食に快適な場所が生まれます。

まとめると、各部屋に最適なラグのサイズを選択するときは、部屋の目的、家具のレイアウト、サイズ、および個人のスタイルを考慮してください。

高品質のカーペットの特徴は何ですか?

高品質のカーペットには、その品質と価値を示すさまざまな特徴があります。考慮すべき重要な機能のいくつかを次に示します。

ノット密度

ノット密度は手織りカーペットの品質の重要な指標です。ノット密度が高いほど、カーペットはより細かく、より詳細になります。高品質のカーペットは通常、ノット密度が高くなります。

ナブ/ノットの数

こぶや結び目の数も重要な品質特徴です。カーペットの作成にどれだけの作業時間が費やされたかを示します。こぶや結び目の数が多いほど、カーペットの品質は高くなります。

パイル高さ

カーペットの厚さ、つまりパイルの高さも、その価値を示すもう 1 つの指標です。手織り絨毯は薄ければ薄いほど、高品質とみなされます。非常に貴重なペルシャ絨毯は、多くの場合、厚さがわずか 3 ~ 6 mm です。 高品質の糸/ウール: 製造糸またはウールの品質は、高品質のカーペットにとっては、こぶ/結び目の数と同じくらい重要です。高品質の糸と若いウールは、安価な糸や古いウールよりもはるかに高価です 製造方法:

手織り絨毯

通常、機械で作られたカーペットよりも高品質です。

パターン

カーペットの模様もその価値の指標となる可能性があります。カーペットの品質は、これらの特性の 1 つだけではなく、多くの要素によって決定されることを覚えておくことが重要です。たとえば、優れたラグは、1 平方インチあたりの結び目が少ないものの、優れた素材で構成されているか、独自のデザインが含まれている場合があります。このため、カーペットの品質を評価する際には専門家に相談することが賢明です。

ラグを買うのに最適な場所

家の中で存在感を放つラグをお探しなら、この 4 つの小売店以外に探す必要はありません。ユニークでスタイリッシュなラグを幅広く提供しています。

リバイバルラグ:

最近織られたさまざまな現代的な敷物に加えて、主にアンティークの敷物を取り揃えています。

エッツィー:

珍しいものやレトロなものを探しているなら、ここがおすすめです。ブランドや販売者に世界中からアクセスできるこの Web サイトは、最も辺鄙な場所やバザールへの旅行ガイドのようなものです。

ティグミーのインテリア:

本当に特別なものをお探しなら、Tigmee Interiors がぴったりです。モロッコの会社は、最高品質の素材で作られた、伝統的なデザインからモダンなデザインまで幅広い手作りの敷物を提供しています。 Tigmee Interiors は、持続可能性とフェアトレード慣行への取り組みでも知られています。ボーナス: Tigmee Interiors での初回購入に今すぐ特別な 15 ユーロ バウチャー (TIG155) を使用すると、世界中への送料も無料になります 

完璧な敷物

自分のラグをデザインしたいとずっと夢見ていたなら、ここがぴったりの場所です。柄や色を選んで、自分好みのラグをカスタマイズしましょう。これは、珍しい形の部屋に最適なオプションです。

この記事がお役に立てば幸いです!

ブログに戻る